結婚式場はどこにする?候補となる場所3選

まずは定番のホテルから

結婚式場で定番といえるのは、大型のホテルです。パーティー会場としていろいろな人数に対応できる部屋が用意されていますし、チャペルも用意されている場合が多いです。結婚式専用の施設でも問題ありませんが、ホテルであれば遠方からの招待客が前日に宿泊することもできるだけでなく、結婚式や披露宴の終了後に出席者が(ホテル内の)喫茶店などに立ち寄れるメリットもあります。いろいろな形式に対応でき、交通アクセスも良好であるのが大型ホテルのメリットです。

神社や教会でも結婚式ができます

各地にある神社や教会でも結婚式の受付をしています。たいていの場合、神道やキリスト教の熱心な信者である必要はありません。長年の歴史を持つ宗教的な施設で結婚式をあげるのは記念になります。ある程度大きな施設に限られるため、地域によっては候補となる施設は少ないかもしれません。また、ホテルなどと比較すると施設が小規模なため、予約が取りにくい場合があります。教会は、国内だけではなく海外も視野に入れて探すのもいいでしょう。

レストランなども候補にできます

結婚式の進行や会場には法律による制限はありませんので、常識の範囲で自由に企画できます。そのため、小規模な結婚式にするのなら、会場の選択肢はだいぶ広がります。スペースが許すなら自宅でもかまいませんし、広めのレストランなどを貸し切って開催するのもひとつの方法です。この場合、ウェディングプランナーなどのサポートを得られないかもしれませんが、新郎新婦を中心にした手作り感のある結婚式を企画することができ、出席者の印象に残る式になりそうです。

高崎の結婚式場で結婚式を挙げるカップルが沢山います。とても良い雰囲気で結婚式を挙げることができるのでとても人気があるのです。