必見!婚約指輪と結婚指輪について知っておきたい基礎知識

婚約指輪と結婚指輪の違い

結婚するにあたっては二種類の指輪を購入するケースが多いです。二種類とは婚約指輪と結婚指輪のことで、婚約指輪は結婚前に男性が女性にプレゼントする指輪で、結婚指輪は結婚式の際に指輪交換をするペアの指輪のことです。多くのカップルが婚約指輪と結婚指輪の両方を購入しますが、どちらかの指輪しか購入しないカップルや、どちらの指輪も購入しないカップルなどもおります。ですので、必ず購入しなければいけ無い訳ではありませんが、結婚という人生の大きな出来事に関して指輪を重要視するカップルは多いです。

婚約指輪と結婚指輪の相場について

婚約指輪は装飾性の高い指輪を選ぶケースが多いです。値段に関しては、以前は給料の3か月分が相場などと言われていましたが、現在はそのような基準はあまり関係ありません。婚約指輪の相場としては、30万円程度となっております。一方、結婚指輪は日常的に身に付ける指輪ですので、シンプルな指輪を選びます。婚約指輪のように大きな宝石が付いていませんので、価格も婚約指輪より低くなる傾向があります。概ねペアで20万円程度が結婚指輪の相場となります。

指輪の購入時期と費用負担に関して

婚約指輪は男性が女性にプレゼントしますので、男性が購入することが殆どですが、結婚指輪はケースバイケースで異なります。婚約指輪と同様に男性が購入するケースも多いですが、男女でお金を出し合って購入するカップルも多いです。購入時期に関しては、婚約指輪はプロポーズの為に準備するイメージがありますが、婚約後に二人で購入しに行くカップルの方が実は多いです。結婚指輪は結婚式で指輪交換を行いたい場合は、結婚式までに用意するために式の半年程度前から探し始めることが必要となります。

デザインに関心があるならば、婚約指輪はオーダーメイドがおすすめです。オリジナリティあふれたデザインを実現できます。