誰でも分かる!婚約指輪の基礎知識と失敗しない選び方

ダイヤモンドの品質とは?

婚約指輪に使用されているダイヤモンドには、大きさや色といった基準で細かく分けられています。良く耳にする機会の多い「カラット」もそのうちの1つなんですよ。ダイヤモンドには「4C」と呼称されている評価基準があります。重量であるカラット、透明度や内包物の量の示すクオリティー、一定の角度と比率を表すカット、透明度や希少価値の高い色の判断が出来るカラーとそれぞれの頭文字が「C」となっている事が由来となっているんですよ。ダイヤモンドを購入する際には、鑑定書を受け取る事が出来るので確認する事が出来ます。

デザインの種類とは?

婚約指輪のデザインとして主流となっているのが、定番のソリティアタイプは宝石を目立たせる事が出来る事で品質の良さが分かりやすいといった特徴があります。メインの宝石の脇に小さな宝石が添えられているサイドストーンタイプでは、ソリティアタイプよりも華やかな印象を与える事が出来る事で人気となっています。厚みのあるリングに宝石が埋め込まれているフラットタイプは、シンプルなデザインとなっている事で普段の生活でも着用しやすい事で働いている方が多く選択しています。相手の好みやライフスタイルに合わせたデザインから選ぶ事が出来るんですよ。

購入する店舗の選び方とは?

婚約指輪を購入する店舗も失敗のない指輪選びには重要なポイントですよね。特に大切となるのがアフターサービスです。店舗によってサービス内容が異なるといった特徴があり、中には一定の期間だけではなく、購入した店舗で何度でもサイズ直しや婚約指輪の洗浄・磨き直しと行っている店舗があるんですよ。有名ブランドや高級ブランドだけではなく、婚約指輪を専門に取り扱っている店舗といった多くの店舗を比較する事で生涯婚約指輪を大切にする事が出来ます。

婚約指輪とは結婚の約束をした記念やプロポーズの際に男性が女性に贈る指輪のことをいい、ダイヤモンドなどの豪華なものが好まれます。